ブログトップ

保育園の園舎建築の設計専門家・ちびっこ計画の日々

chibiplan.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おすすめの本:『死を招いた保育』

 上尾保育所で亡くなった榎本侑人君は当時4歳だった。「本棚の下の戸のついた収納庫」に入り熱中症となったことが原因である。本棚の下に入った理由はわからなかった。『もし自分の子どもだったら』というのは子の親全てが感じることであろう。
 モンスターペアレンツの存在、いじめの問題、児童福祉施設最低基準と現実との乖離、コミュニケーションの問題、保育行政や現場の状況など様々な要因が絡まって、最も守らなければならないはずの命を奪うに至った。保育士の過失のみが原因ではないということに、当事件の根の深さを思わずにはいられない。
 今を遡ること60年以上前の、昭和23年にできた児童福祉施設最低基準については我々設計者でも疑問を感じるのに、保育現場の苦悩はどれほどのものであろう。待機児童数を追いかける前に、保育士が置かれる状況の過酷さを社会はもっと認識すべきだろう。
 筆者は「今の低い基準の中で最も確実な方法を模索して、子どもたちの命を守るのが、保育士の仕事」だと述べているが、室単位の最低基準を割っていても園児を詰め込むという状態の保育所が、公立でも多数存在するのである。最低基準すら数字上のカラクリで誤魔化されてしまうような状況の中で、質の高い保育などできないことは、初めからわかりきっているのである。だから、全ての責任が保育の現場にあるとは、私には到底思えない。これは子ども達に対する大人の責任として、社会全体が真剣に向き合わなければならない重大な問題なのである。
 ルポルタージュとして上尾保育所の事件を淡々と述べるその文章の裏に、子どもたちの置かれる環境を総合的に考え直すべきだという、筆者の強い思いが見える。私も同感である。こどもたちに係わるあらゆる職能が、それぞれの立場で、こども環境を向上させるために努力すべきだろう。私はこどもの建築を設計する建築士という立場で、微力ながら貢献したいと考えている。
(大塚謙太郎)
a0279334_18322094.jpg

BOOK DATA
死を招いた保育
【著】猪熊弘子
価格●1680円(本体1600円+税)
出版●ひとなる書房
発行●2011年8月
ISBN●978-4-89464-168-6
19.5×13.6cm、196頁

●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
by chibicco-plan | 2012-12-25 18:33 | ●おすすめの本

おすすめの本:『私は2歳』

 初版が1961年であるので、私の生まれる前に書かれた本である。ひょっとすると、母も私を育てるにあたり読んだかもしれない。
 2歳児の子育ては一番難しいが、同時に一番可愛らしい時期だとよく言われる。この本は、2歳児「坊や」を主人公にしながら、彼らをとりまく家族や親戚・近隣住民やお友達、そして医師などの人々全体に焦点をあてて、それを子ども本人の視点で描きだし、2歳児の気持ちが手に取るようにわかるという構成をとっており、育児書というより育親書といったほうがよいかもしれない。
 鼻血から脳膜炎まで、小児科医であった筆者が、医師として2歳児やその親とかかわってきた実話をもとに、ユーモアを交えて展開していく。医学の枠を超えて、筆者自身が「子どもの人間形成に(中略)有害であると信じる。」から敢えて書いたという、嫁と姑の不和の問題についても多くのページがさかれる。
 朝日新聞の関西版に連載されたとあって、台詞は大阪弁や京都弁で、特に関西の人には親しみをもって読み進めることができる。挿絵は、いわさきちひろ氏によるものだというのもうれしい。全100編のすべてのページに氏の絵が挿されている。
 私の娘も2歳である。客観的に父親業を省みることができ、改めて2歳児のかわいらしさにふれ、やさしい気持ちになりながら読み進められた。
姉妹篇に『私は赤ちゃん』という本もあるので、あわせてお読みいただきたい。
(大塚謙太郎)
a0279334_1072135.jpg


BOOK DATA
私は2歳
【著】松田道雄
価格●756円(本体720円+税)
出版●岩波書店
発行●1961年3月
ISBN●4-00-412137-X
17.3cm×10.6cm、207頁

●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
by chibicco-plan | 2012-12-15 21:08 | ●おすすめの本

ご紹介いただきました:児童デイサービスみらくるちっぷ

児童デイサービス「みらくるちっぷ」が、事業主様の機関紙『出発通信』に紹介されました。
a0279334_23274042.jpg
●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
by chibicco-plan | 2012-12-10 23:26 | ●保育園について執筆・講演