ブログトップ

保育園の園舎建築の設計専門家・ちびっこ計画の日々

chibiplan.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お知らせ:こども環境学会合同セミナー

今年も、こども環境学会北陸・東海・関西合同セミナーが下記の通り開催されます。保育士、教員、医師、大学教授、行政職員、建築士など、こどもにかかわる様々な職能が集まります。私も参加予定です。

主催:北陸こども環境研究会・こども環境研究会関西・東海こども環境研究会
日時:9月21日(土)~9月22日(日)
場所:サンフォルテ(富山駅北口徒歩7分)
費用:3000円

研究の発表、NPO法人こども遊ばせ隊によるワークショップ、聖徳大学児童学部の神谷明宏氏の講演、実践のトークラリー、エクスカーション、交流会などもりだくさんです。

詳細が決まりましたら、再度お知らせいたします。

●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
by chibicco-plan | 2013-04-30 16:53 | ●お知らせ

2012年度のしごと

 昨年度に設計させていただいた仕事が出そろいましたので、ご紹介します。振り返ってみると、それぞれの保育園は、事業主様の保育に対する強い想いが形になって表れており、それが園舎の特徴となって活きています。

 『ニコニコ桜夙水園』さまは、住宅を改修した分園で、子どもたちに「和」を伝えるために、既存の書院や床の間などを再利用したいという思いで、和の造作を活かした保育室を実現されました。ふすまや、雪見障子などもそのまま再利用されています。
a0279334_9483367.jpg

 『ソフィア東生駒保育園』さまの敷地は、傾斜地で設計も施工もたいへん難しいものでしたが、「常設型コーナー保育」を展開できる大きな保育室を作るという、ぶれることのない明確な目的をお示しになられ、最低基準の1.5倍の面積を持つ、ワンルーム型の以上児保育室を持つ園舎ができました。
a0279334_9483933.jpg

 『なのはな保育園』さまは、近隣に御迷惑をかけないように中庭型を選択されました。中庭を、半屋外廊下と保育室が360度囲む建物配置によって、音・土埃・調理臭が周囲に漏出するのを制御しようというものです。結果的に目が行きとどきやすく、安心して保育できる環境となりました。
a0279334_9433687.jpg

 『やまよし保育園』さまは、保育園の調理室が業務用機器でしか対応出来ないのはおかしいのではないかという疑問をお持ちでしたので、住宅用のシステムキッチンの部材とフローリングを使った乾式厨房に改修しました。学園カラーの赤をふんだんに使った、鮮やかな調理室となりました。
a0279334_9434680.jpg

『みらくるちっぷ』さまは、木造の児童デイサービスで、通り庭やキッズキッチン、吊遊具のある保育室、スヌーズレン、押入上の隠れ家、縁側のある中庭など、多様な仕掛けがあります。衝撃吸収仕様の床板を使い安全性に配慮し、木を多用した内装で暖かな雰囲気の建物となりました。
a0279334_11571050.jpg
 これから、それぞれの園舎がどのように使われていくのか、多くの子どもたちがそれぞれの園舎でどのように成長していくのか、楽しみです。事業主の皆様、ありがとうございました。
(大塚謙太郎)
 
●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
by chibicco-plan | 2013-04-24 06:35 | ●プロジェクト

お知らせ:つちやあゆみ個展『おもちゃ部屋』開催中です

 先週末に枚方家具団地で開催中の、つちやあゆみさんの個展『おもちゃ部屋』に行ってきました。わが娘「おんちゃん」も大喜びで、「歯車連動おもちゃ」を回しすぎて破壊するなど大暴れでした。
 私は巨大木琴「輪唱の〇」が気に入りました。木の球を転がして演奏するというもので、45度で1ユニットになっており、いろんな組み方ができます。カリンの板でできた鍵盤を並び替えれば、どんな曲でも演奏可能。ちゃんと休符も用意されています。是非お立ち寄りください。詳しくは下記ホームページで。
www.facebook.com/ayu.tsuchi

a0279334_15375322.jpg

          ▲巨大木琴 輪唱の〇

a0279334_1538194.jpg

          ▲木球が転がって演奏します

a0279334_15381581.jpg

          ▲歯車連動おもちゃ

a0279334_15382231.jpg

     ▲紙粘土のあかちゃん

【つちやあゆみ氏プロフィール】
1982年宇都宮生まれ、神戸育ち。
会社勤務を経て、2008年に多摩美術大学造形表現学部デザイン学科に入学。空間デザインを学ぶ。
2012年3月、東京にて初めて個展をひらく。
2012年に同学部を首席で卒業後、関西で木工や粘土による作品制作を開始。誰もが触れて楽しめるもの作りを目指す。

【会場】
家具町LAB 枚方市長尾家具町2-15-2 家具町ハイツ105

【会期】
2013年4月6日(土)~29日(月・祝)
土  :12:00-20:00
日・祝:11:00-19:00
(平日しか都合のつかない方、ご相談ください。)
つちやあゆみFBページ:www.facebook.com/ayu.tsuchi

●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
by chibicco-plan | 2013-04-08 15:50 | ●お知らせ

日々の雑感:建築と保育

 先日、2年前に設計させていただいた保育園の定期点検に立ち会った。和の雰囲気を取り入れた木造園舎で、本物の材料にこだわったつくりである。
 障子を提案させていただいたものの、こどもが破ってしまうのではないかと少し心配だったのだが、2年前のまま変わっる様子はない。あまりにきれいなので貼り替えていただいたのかと思い、園長におたずねしたところ、そうではないらしい。
「まったく問題ありませんよ。他の園さんでは、破れの心配から採用されないケースが多いのかもしれないが、私たちの園では逆の発想です。むしろ保育の材料として活用しています。障子を取り入れてよかった。」とのコメントをいただいた。園長の話では、こどもたちは硬い素材と柔らかい素材を敏感に感じ取り、木の柱と障子とでは触れ方が違うという。ものの扱い方を、素材から感じ取っている様子がうかがえる。 
 3歳未満児であるからこそ可能だったのかもしれないし、もう少し検証が必要だと思うが、建物そのものを教材にしてしまうという保育が存在しえるということがわかって、嬉しい気持ちでいる。しかし逆に言うと、無意識下で悪い教材を与えてしまっている場合があるということでもあり、設計者として喜んでばかりはいられない。
 ずっと保育所の設計を仕事にしていると、保育のスタイルが一様でないという当然のことに悩まされる。保育スタイルが違えば、設計も自ずと違うものになるわけだから、経験を積めば積むほど答案が増えて正解が見えにくくなるという矛盾の中で、さまようことになる。
 また、保育そのものについて、どこまで設計者が踏み込むべきかということについても、判断が難しい。第三者として客観視できる立場であるからこそ踏み込むべきなのかもしれないし、保育の実務経験のない素人だから言えてしまう余計なお世話なのかもしれず、提案するということは実に難しい。
 設計とは決断の連続である。そしてその決断の一つ一つが保育やこどもたちの生活に影響を与える。嵐のような年度末を終えて一息ついたところで、いままで設計させていただいた園舎を振り返る時間を取らせていただき、検証してみたいと思っている。事業主様には失礼な物言いになるが、間違った決断を下している場合も多くあるだろうと思う。その一つ一つを反省し、今後につなげていければと思う。
(大塚謙太郎)
a0279334_17591712.jpg

●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
by chibicco-plan | 2013-04-05 18:01 | ●保育園について執筆・講演

お知らせ:職業ガイダンスの感想文が届きました

 2月に実施させていただいた、中学校での「職業ガイダンス」の感想文が載った「学年通信」が届きましたので、私の担当部分を抜粋して掲載させていただきました。生徒のみなさん、ありがとうございました。
(大塚謙太郎)
a0279334_18122034.jpg


●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
by chibicco-plan | 2013-04-04 18:15 | ●お知らせ

春になりました

 また、桜の季節が巡ってきました。
 今年も、3つの園舎が無事竣工を迎えることができました。
事業主様、関係官庁様、施工業者様をはじめ、ご尽力いただいた関係各位の皆様方に、厚く御礼申し上げます。今頃、新しい園舎は元気なこどもたちの声で溢れていることと思います。
 私たちにとって、毎年4月1日は、到着点であり、そして新たな出発点です。新年度も、まだ見ぬこどもたちの姿を思い描きながら、新たな気持ちで業務を進めてまいります。

 本年度も、よろしくお願いいたします。

(所員一同)
a0279334_13381553.jpg

●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
by chibicco-plan | 2013-04-02 13:51 | ●お知らせ