ブログトップ

保育園の園舎建築の設計専門家・ちびっこ計画の日々

chibiplan.exblog.jp

連載第7回執筆しました2

a0279334_23284964.jpg

●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
# by chibicco-plan | 2014-01-09 23:15

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
旧年中は、格別のご支援を賜りまして、誠にありがとうございます。
本年も、ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。
平成26年正月 所員一同
●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
# by chibicco-plan | 2014-01-04 19:16 | ●お知らせ

年末年始休業のお知らせ

2013年も残すところあと僅かとなりました。
本年も、お引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

まことに勝手ながら、2014年1月1日(水)~1月3日(金)まで、お休みをいただきます。

皆さま、よいお年をお迎えください。

(所員一同)

●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
# by chibicco-plan | 2013-12-28 21:10 | ●お知らせ

連載第6回執筆しました1

「建築とまちづくり」誌に連載中の、
『設計者からみた子どもたちの豊かな空間づくり』で、
代表の大塚が第6回(12月号)の執筆を担当させていただきました。
a0279334_2240488.jpg

『設計者からみた子どもたちの豊かな空間づくり』第6回(12月号)より

 私の仕事は、保育所建築の設計です。先日、東京サレジオ学園という児童養護施設を見学しました。「保護者のない児童、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護」(※1)するのが法律上の主たる目的です。
 保育所と養護施設との決定的な違いは、そこで暮らす子どもたちが毎日保護者と顔を合わせるかどうかという点です。養護施設で暮らす子どもたちは18年間のほとんどを、場合によってはすべてを、保護者とは別居して暮らしています。
 一方保育所は、当然のことながらそうではありません。そうではありませんが、1日13時間の保育が常態化し、朝は目も覚めやらぬうちから服を着せられ、時には食事もとらずに保育所に送り届けられ、夜は夕食を食べて風呂に入って寝るだけの毎日に、休日保育まで付いてきます。それは、第一義的責任があるはずの「保護者のニーズ」なのです。
 ある保育所の所長は、「親から子育ての権利を奪うたらあかん」と、休日保育の実施を頑なに拒みます。平日に長時間保育に預けるのだから、休日はしっかりと親子の時間をとりなさいという趣旨です。ニーズと責任の狭間で保育所が抱える矛盾が浮かび上がってきます。
 私も、娘を保育所に入れながら、他人の子どもが暮らすための保育所を設計するという愚かな父親ですが、昨今の3歳未満児保育の拡大や、市場原理の導入など、疑問を感じる部分が多くあります。急速に保育所の量の確保が進んでいますが、保育の質はそれに追従できていないからです。仮に、保育所が社会のニーズによる「必要悪」であって、この流れを変えられないとすれば、私たち大人は、自らのための「必要悪」をどのようにつくっていけばよいのかを、真剣に議論する必要があるでしょう。
 全国社会福祉協議会が平成22年に出した「養育単位の小規模化プロジェクト・提言」の統計によれば、児童養護施設では20%超の施設が小舎制を採用しています。1900年代初頭に石井十次(※2)によって実践された小舎制が現代の児童養護施設に浸透しつつあるのに対し、保育所は今なお、片廊下型大舎制のくびきから抜け出せておらず、他の福祉施設に比べて遅れをとっていると言わざるを得ません。両者の設置目的は違いますが、養護や保育が18年という長きに渡るか、1日13時間が6年間断続的に繰り返されるかの違いこそあれ、暮らしの場という本質は同じでしょう。生活集団の規模や、適正な保育士の人数など、制度を含めた生活条件のさらなる向上が必要です。
 一方で、保育室の面積の狭さは、子どもの生活の質を直接的に下げている原因の一つです。広ければよいというものではありませんが、保育の質を保つには、児童福祉施設最低基準以上の面積的なゆとりが必要だと思います。
 これまで、最低基準に基づいてつくられてきた保育所は、大部屋に限界まで子どもたちを詰め込むというものが主流です。食寝分離はおろか、おまるによる用便と食事が同じ場所で行われることもしばしばです。遊戯室を最低基準面積に算入するという方法で、定員弾力化の名のもと、子どもたちをぎゅうぎゅうに詰め込んだ結果、保育室単体でみれば最低基準面積を割っている保育所などいくらでもあります。数字上は見えてきませんが、実態はあまりにも酷い状況です。
 最低基準面積がなぜ狭いと言われるかは、布団・食事テール・椅子・ロッカー・絵本棚・おもちゃ棚・遊具・保育士机などを並べてみれば、建築や保育のプロでなくても、一目瞭然なのです。それを知ってか知らぬか、厚生労働省の「保育所保育指針」は、「保育室は、子どもにとって家庭的な親しみとくつろぎの場」であると高らかに謳い上げています。この隔たりは大きい。足の踏み場もない大部屋のどこが家庭的であり、子どもたち同士の衝突が多発する状況でどのようにくつろげばよいのでしょうか。
 この指針の実現を目指すなら、私たちは大きな努力を払わねばなりません。その責任は行政にあり、経営者にあり、保育者にあり、保護者にあります。そして設計者の責任もまた大きいのです。そのくびきでもがいている設計者の一人としての私も、それを承知で子を預けている保護者の一人としての私もまた、同じです。
 待機児童削減のために、多くの保育所が新たに誕生しています。同時に、戦後建てられた園舎の多くが耐用年限を迎え、建て替えの需要が増えています。この保育所建設ラッシュは、我々大人がこのくびきを脱し、子どもたちへの責任を果たすべく努力できる絶好にして最後のチャンスではないでしょうか。この機を逃せば、これまで脈々と続いてきたこの流れは、さらに50年の命を与えられ、急増したその絶対数によって、もはや動かすことができなくなるであろうことは想像に難くありません。
 子育てに設計という職能で寄与できることは、大きな喜びです。しかし、設計者だけで成し得る仕事でないのは明らかです。今必要なことは、設計者の独善ではなく、保育に関わるすべての大人が足並みを揃え、この課題と真剣に向きあうことだと思うのです。

※1 児童福祉法第41条
※2 石井十次( 1865年~1914年) 日本で最初の孤児院と言われる岡山孤児院を創設。一時は1200名もの子どもたちを預かり、生涯を孤児救済に捧げた。小舎制と里親制度の導入、収容児の年齢発達区分にしたがった保護教育体制の整備など、児童福祉事業として画期的な試みを行った。「児童福祉の父」と呼ばれる。



▼ちびっこ計画ホームページには、見やすいPDFデータを掲載しておりますのでご覧くださいませ。
『設計者からみた子どもたちの豊かな空間づくり』第6回(12月号)PDF


●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
# by chibicco-plan | 2013-12-25 23:42 | ●保育園について執筆・講演

連載第6回執筆しました2

a0279334_22394633.jpg

●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
# by chibicco-plan | 2013-12-25 22:39 | ●保育園について執筆・講演