ブログトップ

保育園の園舎建築の設計専門家・ちびっこ計画の日々

chibiplan.exblog.jp

日々の雑感:プラッチックトロンボーン

 私のトロンボーン歴は26年で、実は建築歴より長い。ここ2年ほど、忙しさに感けて御無沙汰しているところに先日発見したのは、なんとオールプラッチック製のトロンボーン。その充実のカラーラインナップは、きんぴかの真鍮製高級トロンボーンたちの間でひときわ鮮やかな、赤・青・黄・緑の4色。スライドやウォーターキーはシックなブラックである。ボアはだいたい細管で、調子はかろうじてB♭。ベルは、カラーガードに殴られようが、野球応援で硬球があたろうがへこみそうもない頑強な肉厚樹脂二枚取りだ。ぺらぺらの肩紐付きソフトケースに、リムに平らな面がほとんどない透明超軽量マウスピース、楽器に貼付済で剥がすとねばねばが残るMade in china文字入り大型シールなどの充実の付属品がついて、お値段は高いのか安いのかよくわからない13,800円である。
 本来なら高級楽器を買い求める客が使うであろう試奏室を占拠し、とりあえずチューニングB♭をひと吹き。・・・!。驚くなかれ、かなりイイ音がする。ひょっとして自分が上手になったのかと思ったが、2年もさぼっていてそんなはずはない。A4サイズ片面1枚のみの取扱説明書をよく見れば、発売元はノナカ貿易とある。ノナカの自信作であれば、これは買いであろう。

 それ以来、少年パズーがごとく、朝一曲吹いてから(但しpppで、2歳の娘にむかって「おかあさんといっしょ」の歯磨きの歌)、仕事に出かける毎日である。私は黄色を購入した。残る3色をどなたかにお買い求めいただいて、プラトロ四重奏団を結成し、全国保育所ツアーをするのが目下の夢である。どなたか、ご参加いただける奇特な方はいらっしゃらないだろうか。
(大塚謙太郎)

a0279334_2371689.jpg
●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●
by chibicco-plan | 2012-07-19 23:08 | ●日々の雑感
<< おすすめの本:『赤ちゃんの不思議』 おすすめの本:『虫眼とアニ眼』 >>