ブログトップ

保育園の園舎建築の設計専門家・ちびっこ計画の日々

chibiplan.exblog.jp

「日本基督教団茨木教会附属 めぐみ幼稚園」様が近代建築 2017年1月号に掲載されました

「日本基督教団茨木教会附属 めぐみ幼稚園」様が「近代建築 2017年1月号第71巻1号(特集:保育建築の計画と設計)」に掲載されました。

夢を摘み取れば
当初提案の床面積は実は倍近くあった。圧倒的な予算超過からスタートした設計は、めぐみ幼稚園の夢をひとつずつ摘み取っていく作業に他ならなかった。本当に納まるのかという不安の中の辛い作業だったが、無駄を削ぎ落とすごとに引き締まり、かえって本当に必要なものがはっきり見える明快なプランとなった。広いデッキと丸太柱、小さなかくれが、そして天上からの光が降り注ぐいのりのおへや。元気な時、沈んだ時、皆といたい時、ひとりになりたい時、感情を制御することを覚えていくこどもたちに、時々の気持ちによって居場所を選択できる様々な性格の空間を提供する。めぐみの保育の新しい舞台が建ちあがった。

工事中も成長中のこどもたちへ
園舎の建替え工事は、こどもたちに仮園舎での長い生活を強いる。時間もコストも抑えられた中、北梅組の業務の枠を超えた粋な計らいで、解体する園舎でのおわかれ落書き会、工事現場のぞき窓、仮囲いでお絵かき作品展、重機の運転実演、工事現場の探検などが実施された。常にこどもたちを見つめながら現場を運営する北梅組の温かい思想に触れ、私はとてもうれしかった。工事中の窮屈な暮らしが少し和らいだのではないかと思う。

30本の丸太、30通りの姿
赤いもの、白いもの、あばたのあるもの、日焼けしたもの、つるつるのもの、ぼこぼこのもの。均質化の時代を生きるこどもたちに、ONLY ONEになれと歌い聞かせるのなら、違いこそが本物の証だということを、私たち大人は彼らに伝えばければいけない。京都北山から切り出された様々な表情をもつ丸太群は、違うことの美しさをこどもたちに黙したまま語りかける。目で見、肌で感じ、ここに暮らすこどもたちが違いを認められる大人に育っていく、その一助になればとてもうれしい。

掲載ページはこちらです。
a0279334_11461333.jpg

●---------------------------------------------●

保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●

by chibicco-plan | 2017-01-20 11:44 | ●保育園について執筆・講演
<< 「社会福祉法人みおつくし福祉会... 「社会福祉法人松蔭ミカエル福祉... >>