人気ブログランキング |
ブログトップ

保育園の園舎建築の設計専門家・ちびっこ計画の日々

chibiplan.exblog.jp

『こどものためにで木ること』~内装に係る法規制を考える~ 3

保育士の労働環境や労働条件というものは、他の福祉の仕事と違わず非常に厳しいものです。

保育士の定数は、0歳なら3人に対し1人、5歳なら30人に対し1人となっています。私などは、わが子1人を育てるのに四苦八苦の毎日です。子どもたち30人を1人で育てるというのは想像もつかない。

a0279334_14395087.jpg


 この状況で、木を敬遠するなと言っても、一筋縄ではいかないのです。しかし、同時に「本物」を排除するということは、こどもたちから成長の機会のいくつかを奪っていることにほかなりません。大人に対しては嘘も方便です。でも、子どもたちに対しては、できるだけ嘘をついてはいけない。「できるだけ」が入りますが、なぜ入るかは後で述べます。だいたい、嘘にまみれた空間で、どうしてこどもたちに嘘はいけないと教えることができますか。こどもたちに対する大人の責任として、やらなければいけない。私の設計ポリシーはそこです。まがい物に走るのは楽です。建築技術者である前に、こどもたちの手本となる大人であることを再認識したいと思うのです。

 しかし、それは簡単なことではありません。十分な打ち合わせを重ねずに、ふんだんに木を使えば、「あいつらは描きっぱなしだ」と設計者は批判を浴びますし、施工者は、クレーム対応に走りまわらなければならないでしょう。そのような状況は、設計する前から簡単に予測がつきます。ですから、木を使う場合は、保育園の先生方との設計打合せで、保育の上でどこまでを許容するのか十分な確認が必要です。潤沢な予算がない場合がほとんどですから、予算配分上の検討も必要です。保育は器だけでは成立しませんし、保育士の先生方だけでも成立しません。ハードとソフトの総合点で、保育の質が決まるのです。だから、木がお好みでない場合や、さまざまな事情で許容が難しい場合は、直ぐに提案を取り下げます。ハードの点数が劣っても、ソフトで盛り返してもらえれば総合点としては、高くなるだろうと考えるからです。ここが前述の「できるだけ」の理由です。だから、一方的に木質化がよい、本物にしなければだめだと考えているわけではありません。保育現場の状況を考えずに、木はいい材料ですとお勧めするのは、設計者のエゴイズムに他ならない。どんなに本物を使おうとも、仕様の押し付けは確実にマイナス側に働きます。保育に対して木の持てる力を存分に発揮させてやるには、使い手の理解が欠かせないのです。保育園の木質化は、園の先生方・保護者・設計者・施工者が手を携えて考えていかなければ、成功しません。



●---------------------------------------------●
保育園、保育所の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●

by chibicco-plan | 2019-05-28 10:10 | ●保育園設計の考え方
<< 『こどものためにで木ること』~... 『こどものためにで木ること』~... >>